毛髪検査
other
58808abd41f8e8f26e000f41

毛髪検査

¥15,120 税込

送料についてはこちら

遺伝子医学の研究に随って、遺伝子コ-ドは完全に解明され、人類の平均寿命をも延長されました。そして6.000種類以上の遺伝疾病もやがて分かる今の時代に、残念ながら、工業、化学、農業や医術の進歩に従って、水や空気汚染、有害な宇宙からの放射線汚染、農薬、工業の排気物質などの環境破壊で、私たち人間は生存すべき地球環境のバランスが大きな問題を抱えてまた薬物乱用、栄養のバランスの無視、ライフスタイルの不調和などから、慢性習慣病(メタボ)、悪性腫瘍、ポリ-プ、癌は私たちの体を蝕(むしば)んでいます。これから60年後も変わらないでしょう。そして後天性免疫疾病やウイルスの突然変異の疾病(鳥、新型インフルなど)は今後の課題になるでしょう。ですから、遺伝子医学の研究発展は、確かに医学史上に新しい道を切り開いてきましたが、今の近代医学、東洋医学、代替医学などの医学体系には独特な医療技術と理念をもっています。この現象のことで、生命の延長と同時に次世代健康の品質(クオリティー)を保証できるかを私たちはもう一度深く考えせざるを得ないのです。慢性習慣病、空気汚染、不適切なライフスタイル、ストレスの原因から、癌に助長させることは確かです。医学や遺伝子医(工)学などの進歩で人類は長生きできるという夢があるとしても、病気にならないためには、自然医学、代替医学、薬膳のオルガニックのライフスタイルに戻るべきです。 QRSは、今から約100年前にアメリカの病理学者であり内科医でもあったアルバート・エイブラムス(Dr. Albert Abrams・1863〜1924年)が、彼の腹部打診法の研究から発見したE.R.A( Electronic Reaction of Abrams・エイブラムスの電子反応=生体反応には、物質を媒体とした物理化学的な反応が起きる以前の、電磁気的な波動現象に基づく何らかの生理的な反応がある)を基本原理としています。QRSとは、この非物質的な生命現象に基づく極く微弱な生理的反応を、音に変換、被検者の生理機能を判定すると共に、その非物質的な情報を生体に入力、生体の持つ自然治癒力の発現を促そうとする装置です。 臨床における用途は広く 1..被検者の臓器、生理機能、組織等の機能評価 2.悪性腫瘍や結石の有無 3.病原性微生物や傷害物質の影響評価 4.アレルゲン、食物との相関の判定   5.薬の作用、副作用の予測 6..心理機能と生理機能の相関の判定 7.各症状の改善 に応用が可能で、その実用性については医療現場において様々に検証され、多くの学会(日本人間ドック学会、日本総合健診医学会、日本未病システム学会、日本東方医学会等)で、その成果が発表されるようになってまいりました。 生命体を、それも生命体として最も高度に発達した機能を持つ、人の機能を生かしたバイオセンサーシステムであるがゆえの、使用方法の多様さと柔軟さは、現代の最先端技術を駆使した医療機器でも到底及ぶべくもなく、装置を使いこなせる様になるために時間がかかることを除いては、これほど応用範囲の広い医療技術は他に無いと言えます。 お問い合わせはこちら 無料相談  フリーダイヤル 0120-356-414 お電話の場合 月〜金:9:30〜18:30まで 株式会社 きせんワールド